MENU

注目の自動運転技術が実現したら自動車保険は安くなる?

最近、車関連のニュースで頻繁に登場する自動運転。
我々が加入している自動車保険にも大きな影響がありそうですが、法律の整備も含めて、まだまだ不確定要素も大きそうです。

 

自動運転車を購入したら、自動車保険は安くなるのでしょうか?
それとも責任は全てメーカーが持ってくれて、自動車保険も不要!となるのでしょうか?
妄想も含めつつ、予想してみました!

 

 

自動運転とは?レベル別の機能概要

自動運転とは、現在のドライバーが行っている「認知」「判断」「操作」を、機械(自動運転システム)が代わりに行うことです。
と言うと、昔見た海外ドラマに登場するナイト2000のようなロボットカーを想像するかもしれませんが、実際にはレベルごとに細かく定義されています。

 

首相官邸ホームページ官民 ITS 構想・ロードマップ
分類 概要 注(責任関係等) 左記を実現するシステム
情報提供型

ドライバーへの注意喚
起等

ドライバー責任

「安全運転支援システム」







レベル1
単独型

加速・操舵・制動のい
ずれかの操作をシステ
ムが行う状態

ドライバー責任

レベル2
システムの複合化

加速・操舵・制動のう
ち複数の操作を一度に
システムが行う状態

ドライバー責任
※監視義務及びいつでも安
全運転できる態勢

「準自動走行システム」 「自動走行システム」

レベル3
システムの高度化

加速・操舵・制動を全
てシステムが行い、シ
ステムが要請したとき
のみドライバーが対応
する状態

システム責任(自動
走行モード中)
※特定の交通環境下での自
動走行(自動走行モード)
※監視義務なし(自動走行
モード:システム要請前

レベル4
完全自動走行

加速・操舵・制動を全
てシステムが行い、ド
ライバーが全く関与し
ない状態

システム責任
※全ての行程での自動走行

「完全自動走行システム」

 

一口に自動運転と言っても、このように細かくレベルが分かれています。

 

具体的な自動走行システムとその概要
システム名 概要 該当するレベル

準自動パイロット

  • 高速道路での自動走行モード機能(入口ランプウェイから出口ランプウェイまで。合流、車線変更、車線・車間維持、分流など)を有するシステム。
  • 自動走行モード中も原則ドライバー責任であるが、走行状況等について、システムからの通知機能あり。
レベル2

自動パイロット

  • 高速道路等一定条件下での自動走行モード機能を有するシステム。
  • 自動走行モード中は原則システム責任であるが、システムからの要請に応じ、ドライバーが対応。

 

レベル3

無人自動走行移動サービス

  • 車両内にドライバーが存在せず、遠隔(車両外)のドライバーに相当する者を含む自動走行システム(遠隔型自動走行システム)による移動サービス、または専用空間における無人自動走行システム(レベル4)等による移動サービス
レベル4相当

 

完全自動運転はまだ先の話

現在、販売されている車に搭載されているものはレベル2相当、発売が予定されているものでレベル3相当ですが、いずれも使用環境が限定されています。
具体的には、高速道路での使用が前提で、一般道路での使用は対象外なんですね。

 

自動運転というと、人間は何もしなくても目的地まで連れて行ってくれるイメージがありますが、それはレベル4に相当します。
自動車メーカーの開発競争は激しくなっていますが、まだまだ先の話になりそうです。

 

2018年に世界初のレベル3自動運転車発売を予定しているアウディ(A8)も、高速道路での60km以下(つまり渋滞中)という条件下のようです。
しかも日本の法律では、まだシステム責任の運転を認めていません。

 

自動運転で交通事故が無くなる?

 

レベル1相当のプリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ)が搭載されるだけでも、交通事故は大きく減少します。
日本では先駆者であるスバルのアイサイトでは、事故件数が約6割も減少したようです。
6割って凄いですよね!

 

事故件数が激減したこともあって、アイサイト搭載が進んでいる車種の自動車保険も安くなっています。

 

参考:アイサイトで自動車保険は安くなる?

 

完全自動運転で世界が変わる?

車の運転から完全に開放される世界、イメージとしてはタクシーに乗っているような感じでしょうか。
運転しないのですから、免許も不要、飲酒も自由、寝てても目的に到着できるようになるかも。
スマホで自分の車を呼び寄せたりとか・・・夢が膨らみます!

 

そうなると、カーシェアリングがますます普及して、自分で車を所有しようという人が減るかもしれませんね。
車の共有化が進むと、販売台数は半分以下になるという予想もあるようです。

 

タクシーもバスも無人化してドライバーという職業は消滅、自動車メーカーも車が売れなくて倒産が相次いで。。
あれ、何だかちっとも楽しそうな未来ではないような?

 

車の運転自体が違法化されると予想する人もいるので、車好きの人は今の内に楽しんでおいた方が良いかもしれません。

 

自動車保険は安くなる?それとも不要になる?

自動運転で交通事故が無くなれば、自動車保険は不要になるかと言えば、そう簡単ではないと思います。
以下は、筆者の予想です。

 

自動車を所有するリスクは無くならない

車を所有すれば、盗難リスクもありますし、自動運転で事故を起こさない車だとしても貰い事故もあるわけで、車両保険はやはり必要です。
自動運転システムの不具合による交通事故については、メーカー側が責任を負うことになると思いますが、半面、整備の義務も重くなるでしょう。
整備不良で起きた事故まで責任持ってくれるような、お人好しのメーカーなどないでしょうから。

 

自動運転で交通事故はゼロにはならない

そもそも、自動運転が実用化されても交通事故はゼロにはならないと思います。
ブレーキで停止できる許容範囲を超えた突発事態(例えば飛び出しなど)が起きれば、コンピューターがどうとかは関係ありません。
前の項目で上げた、貰い事故や整備不良などの問題もありますので、ゼロにはならないと思います。

 

勿論、件数自体は確実に減ると思いますが、ゼロでない以上、やはり自動車保険は必要です。
ただ、自動車保険の金額自体は安くなるでしょうね。

 

参考:自動車保険が安い車種は?新車ランキングの料率クラス一覧

 

自動運転の有無に関わらず、自動車保険は必要だけど安くはなる

いろいろ予想などしてみましたが、、そもそも自動運転車って本当に作るの?と思ってたりします。
いや、各メーカーや、GoogleなどのIT企業が研究開発に力を入れているのは知ってますよ。
でも、自分で運転もしない車を買う人っているのでしょうか?

 

 

自動運転が実用化されると、タクシー、レンタカー、カーシェアリングの垣根がなくなり、米Uberのような配車サービスになると予想されています。
レンタカーやカーシェアリングではなく自分専用の車を持つメリットは、借りるために移動しなくても自宅に置いておいて、自由に使えるからです。

 

タクシーのように玄関でま迎えに来てくれて、駐車場の心配も無い、それでいて人件費が掛からないのでタクシーより大幅に安いとなったら、どうでしょう?
あなたなら、数百万も出して車を買います?

 

ほとんどの自家用車は、1日あたり22時間は駐車場に止まっていて、使用されていないという統計もあります。
無人配車サービスで効率化されたら、その分、車が売れなくなって、殆どの自動車メーカーは潰れてしまうのでは??

 

そんな自動運転車を絶賛開発中なのですから、不思議です。
他社にやられるよりは、という事なんでしょうかね。

 

自動車保険の話から少し脱線してしまいましたが、自家用車あってこその保険です。
自分で車を運転するからこそ、もしもに備えてお金を払うわけですからね。

 

結論。

 

自動運転の有無に関わらず、所有するなら自動車保険は必要だけど安くはなる!

 

安い自動車保険を探すなら、ネットの一括見積りがオススメ。
最大20社に一括で見積もり依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。
しかも利用料は一切掛かりません!
こちらのページで詳しく解説しているので、よろしければ参考にしてください。

>>一番安い自動車保険はどこ?<<