自動車保険 自賠責 任意 違い

MENU

自動車保険の自賠責と任意の違いと必要性

 

自動車損害賠償責任保険(略称は自賠責)は、自動車を使用する全ての運転者に加入が義務付けられています。

 

自動車による人身事故の被害者を救済するため制度として加入を義務付けられています。
加入義務がある事から、自賠責は強制保険とも呼ばれています。

 

自賠責の強制加入の自動車保険

自賠責への加入は、車検の必須要件となっています。
未加入のままだと公道を走る事ができません。

 

自賠責に未加入で公道を運行した場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。
また運転免許証の停止、または取消処分が同時に行われます。

 

自賠責の補償金額の低い自動車保険

自賠責は、自動車による人身事故の被害者への賠償として支払われます。
自賠責では、事故の際の過失割合が70%を超える場合は、20%〜50%の減額が適用されます。

 

それ以外では過失割合による金額の変動はありません。

 

自賠責は最低限の補償を目的としている為、死亡3000万、後遺障害4000万、障害120万と金額が低く、物損については補償されません。
交通事故時の補償額には到底及ばないため、別途任意の自動車保険に入るのが一般的です。

 

自賠責の補償範囲と自動車任意保険の必要性

  損害の範囲 支払限度額(被害者1名あたり)
傷害による損害 治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料 最高120万円
後遺障害による損害 逸失利益、慰謝料等

神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合
 常時介護のとき:最高4,000万円
 随時介護のとき:最高3,000万円

後遺障害の程度により
 第1級:最高3,000万円〜第14級:最高75万円

死亡による損害 葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人および遺族) 最高3,000万円
死亡するまでの傷害による損害 (傷害による損害の場合と同じ) 最高120万円

 

以上が、自賠責の補償範囲です。
正直言って、この程度では大きな事故を起こしてしまった場合、まったく足りませんよね?
そのため自賠責に加えて、任意の自動車保険に加入する方が殆どです。

 

自動車保険の自賠責と任意の違いは補償金額・範囲

 

加入が義務付けられている自賠責だけでは、実際の交通事故時の賠償は難しいのが現実です。
そのため、自動車任意保険に加入する人が殆どです。
自賠責では対象外を補償、金額の引き上げを行う事が可能になっているのが違いです。

 

自動車任意保険は、複数の補償・特約を組み合わせた複合商品です。
自分の必要な補償を、予算に合わせて選択する必要があります。

 

自動車任意保険その1.対人賠償

対人賠償とは、自動車事故により相手の車の搭乗者、自分の車の搭乗者、歩行者などを死傷させた場合に、自賠責の補償範囲を上回る部分について支払われる任意保険です。

 

賠償の範囲となるのは、「他人」となる為、契約者本人や家族、契約者の了承を得て車を運転していた知人などが死傷した場合には、賠償金は支払われません。
また賠償金は、過失割合によって支払われる金額が決まります。

 

自動車任意保険その2.対物賠償

対物賠償は、自動車を運転していて他人の車や家屋などに損害を与えてしまった場合に、支払われる任意保険です。

 

賠償の範囲となるのは、あくまでも「他人の財産」ですので、例えば自分の車の損壊などには、賠償は適用されません。
賠償されるのは単純な物品だけではなく、物品の損壊に伴う営業補償や休業補償も対象です。

 

自動車任意保険その3.搭乗者傷害補償

搭乗者傷害補償は、対人賠償とは異なり、過失割合や「他人」かどうかに関わらず、全ての搭乗者が補償を受ける事ができる任意保険です。

 

ただし、正規の運行状態で無かった場合は、補償を受ける事が出来ません。
つまり、飲酒・酒気帯び運転、薬物中毒による運転、無免許運転、トラックの荷台に乗っていたり等していた場合は、補償の対象外です。

 

自動車任意保険その4.人身傷害補償

人身傷害補償は、搭乗者傷害補償と比較すると補償の範囲が広く、また示談故障の結果を待つ必要がありません。

 

  • 過失割合に関係なく、実際の損失額が補償される。
  • 保険契約をしていない車に搭乗していた場合も補償される。
  • 単独事故でも補償される。

 

自動車任意保険その5.無保険車障害補償

無保険車障害補償は、自動車事故の相手が任意保険に入ってなかったり、入っていても補償が十分ではなかった場合に、運転者や搭乗者が死傷した際に支払われる補償です。

 

無保険車障害補償の補償額上限は、対人賠償と同額(無制限の場合は2億円)となります。
自動車任意保険の中に、自動的に付帯されている場合が殆どです。

 

自動車任意保険その6.自損事故補償

ガードレールに衝突するなどの相手がいない事故や、相手が無過失の場合、補償の対象となっている車の搭乗者が死傷した際に支払われる任意保険です。

 

対人賠償に自動付帯されている場合が殆どです。
人身傷害補償に加入している事で、自損事故補償の補償範囲をカバーしている場合もあります。

 

自動車任意保険その7.車両保険

車両保険とは、自分の車が損壊した際に修理を行う為の任意保険です。
対物賠償は「他人の財産」が補償対象ですので、自分の車のついては補償を受けられません。

 

車両保険に入っていれば、運転ミスで車を壊してしまったり、当て逃げで相手を特定できない場合などに補償を受ける事ができます。

 

一般的に車両保険は高額になるケースが多く、自動車保険の中でも加入率の低くなっています。
大きな事故で廃車になった場合などは、自動車ローンだけが残るという事にもなりかねませんので加入しておいた方が良いでしょう。

 

自動車任意保険が一番安いのはどこ?単純な比較は難しい!

 

自動車任意保険は、自賠責とは違い複数の保険を組み合わせた複合金融商品です。
そのため、どの自動車保険が安いのか、単純に比較することが困難です。

 

自動車保険は一括見積もりすると安い!

年齢、免許の色、車種、必要な補償範囲・金額などが、まったく同じという人は殆どいませんよね。
本当の意味で一番安い自動車保険がどこなのかを比較するなら、一括見積もりがおすすめです。

 

参考:自動車保険見積もり|一括見積もり比較で安いのはどこ?

 

自動車保険が安いランキングとワーストランキング!

安くなるケースが多い自動車保険をランキング形式で紹介しています。
実際には一括見積もりなどで比較してみる必要がありますが、事前知識として参考にしてください。

 

参考:自動車保険が安いランキングBEST5とワーストランキング

安い自動車保険を探すならネットの一括見積もりがおすすめ。
最大20社に一括で見積もり依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。
しかも利用料は一切掛かりません!
こちらのページで詳しく解説しているので、よろしければ参考にしてください。

一番安い自動車保険はどこ?