MENU

IoT(コネクテッドカー)向け運転挙動反映型テレマティクス自動車保険が開発されました。

トヨタ自動車とあいおいニッセイ同和損保が共同で、IoT(コネクテッドカー)向け運転挙動反映型テレマティクス自動車保険を開発しました。
最近の自動車マーケットでは、EV(電気自動車)、AI搭載の自立走行車が注目を集めています。

 

 

アメリカのテスラモータース、日産の新型リーフ、googleカーなどのニュースを目にしたことがある方も少なくないと思います。

 

IoT(コネクテッドカー)は、それらの技術と共に、今後のマーケット牽引を期待されている技術で、簡単に言ってしまえば自動車とネットの接続です。

 

ネットに接続することで、自動車に様々な機能を付加することが可能になりますが、車を取り巻くサービスにも大きな変化が生まれると予想されています。
自動車保険も、IoTによって大きく変化していくことになると思います。

 

運転挙動反映型テレマティクス自動車保険とは?

今回、トヨタとあいおいニッセイ同和損保が共同開発したのは、トヨタが販売するコネクテッドカーの一部を対象に、安全運転の度合いに応じて自動車保険の金額を割り引くという内容になっています。

 

安全の運転の度合いを判断するため、走行データを取得できるナビが搭載されてろいインターネットに接続できる車が対象となります。
ちなみに、テレマティクスとは、自動車のIT化に関する技術・サービスを表す言葉で、古くはVICSやETCなどもテレマティクスサービスです。

 

スキーム図

 

上図にある「T-Connect」とは、トヨタ自動車が提供するテレマティクスサービスで、ネットワークへの接続は、DCMと呼ばれる専用の無線機で行われます。
ニュース、リモートメンテナンスメール、カーナビ地図の自動更新など便利な機能があり、これからも更にサービスが拡充されていくと思います。

 

今回の自動車保険は、この仕組みを使って、車の走行情報=運転挙動をトヨタのセンターに送信し、分析した結果を保険料に反映させるというものです。

 

自分がどんな運転をしているか監視されているようで、嫌な気持ちになる人もいるかもしれませんが、現代の車はどんどん電子化されており、こういった傾向は加速することはあっても、止まることはないのでしょうね。

 

アクセル、ブレーキ、ハンドルも電子化が進み、コンピューター制御になりつつあります。
ドライバーの操作は電気信号として車載コンピューターに送信され、電子的に車を制御、低燃費とパワーの両立や安全な走行になくてはならないものになっています。

 

IoT(コネクテッドカー)で自動車保険は安くなる?

一番気になる、自動車保険は安くなるのか?ですが、安全運転すれば安くなりますよ。
そのための保険ですから。
ちなみに、安全運転じゃない人でも保険料の加算はありません。

 

この運転挙動反映型テレマティクス自動車保険は、「基本保険料」「運転分保険料」で構成されており、運転分保険料の最大80%、全体に対する割引率は年間走行距離によって異なりますが、例えば年間8000kmの場合で約9%の割引率になります。

 

これを安い!と思うかどうかは人それぞれですが、ノンフリート等級がまだ低い若年層などでは、大きな金額の違いになってきます。

 

割引例
安全運転スコア 割引率 保険料例(運転分)
80点以上 80%割引

93,600円
(2,400円)

60点〜79点 40%割引

98,400円
(7,200円)

59点以下 割引なし

103,200円
(12,000円)

 

 

今回はトヨタの一部の車両のみが対象ですが、こういった取り組みは今後も広がると思います。
筆者の愛車はスバルのレヴォーグという車種ですが、本当に電子制御の塊のような感じですので、基本的には走行データの記録と送信機能を付加するたけで、運転挙動の分析は可能になる筈です。

 

T-Connectはトヨタのサービスですが、日本であれば日産・三菱・ホンダ以外はトヨタと何らかの関係がありますので、サービスの利用ハードルも低いでしょう。
通信費負担の問題がありますので、まずは高級車から導入が進み、その後は一般的になっていくのかもしれませんね。

 

T-Connect

 

安全運転が安い自動車保険に繋がる時代に!

今までの自動車保険では、安全運転・危険運転を判断する方法がないため、事故の実績を元にノンフリート等級で割引を行う仕組みでした。
IoT(コネクテッドカー)が普及することで、事故を起こす可能性まで考慮して保険料を算出することが可能になります。

 

そう、安全運転が安い自動車保険に繋がる時代の到来です。

 

今回は、運転挙動を反映した割引ですが、将来的にはもっと多くのデータを利用して保険料を算出するようになるかもしれません。

 

例えば、リスク細分型自動車保険では、走行距離によって保険料が変わります。
今は、どこを走っても同じですが、高速道路と一般道路では事故率も違うはずですし、幹線道路なのか路地なのかでも異なってくるでしょう。

 

そういった、「どこを」「どれだけ」走行しているのか?もIoTの進化によって判定される日も遠くないのかもしれません。

 

ただ・・。

 

こういったデータの活用は、自動車メーカーあってこそですので、保険料率の算出は、損保からメーカーに主導権が移っていくことになると思います。

 

安い自動車保険を探すならネットの一括見積もりがおすすめ。
最大20社に一括で見積もり依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。
しかも利用料は一切掛かりません!
こちらのページで詳しく解説しているので、よろしければ参考にしてください。

>>一番安い自動車保険はどこ?<<