自動車保険安い

MENU

自動車保険を安くする知識記事一覧

自動車損害賠償責任保険(略称は自賠責)は、自動車を使用する全ての運転者に加入が義務付けられている保険です。自動車による人身事故の被害者を救済するため制度として加入を義務付けられています。加入義務がある事から、自賠責は強制保険とも呼ばれています。自賠責の罰則について自賠責保険への加入は、車検の必須要件となっています。未加入のままだと公道を走る事ができません。自賠責に未加入のまま公道を運行した場合は、...

引っ越しや海外への転勤などで、一旦、車が不要になった場合、自動車保険はどうなるのでしょうか?自動車保険は、契約期間中の交通事故に伴う保険金支払いの状況でノンフリート等級が上下、それによって料金も変わる仕組みになっています。せっかく積み上げた等級は、自動車保険を解約すると消えてしまうものですが、これを一定期間据え置くことが可能です。そのための条件が、「中断証明書」の発行です。契約を中断して安い自動車...

自動車保険は大きくわけて2種類に分かれています。購入時に誰もが入らなければならない強制保険、つまり自賠責と任意で入る任意保険の2種類です。ここではこの任意保険の引継ぎ、等級譲渡について説明しています。自動車保険のノンフリート等級は6等級から始まるのはご存知でしょうか?あまり普段は気にもしないので、自分が契約を開始した当初、何等級かだったかなんて覚えていない方がほとんどだと思います。6から?なぜ1か...

自動車保険は、割引や特約を利用して安い保険料に引き下げる事が可能です。特定の条件に当てはまらなければ適用されない割引が殆どですが、手続きなどにより適用されるものもありますので、積極的に割引を利用して保険料を引き下げましょう。インターネット割引インターネット割引とは、自動車保険の会社のホームページで、保険契約加入の手続きを行う事で、保険料の割引を受ける事ができるというものです。通販型の自動車保険の場...

保険料を決定する要素として一番有名なのは、ノンフリート等級でしょう。他にもドライバーの年齢や範囲、ゴールド免許かどうかなど、様々な要素があります。その中でも重要な項目に保険対象の自動車の車種・形式(車両料率クラス)があります。車両料率クラスは、過去の事故・盗難の統計情報を元に、対人賠償保険、対物賠償保険、傷害保険(搭乗者傷害・人身傷害)、車両保険の4項目にそれぞれ設定されています。[出典:価格.c...

スバル車の多くに搭載されているアイサイト。管理人もスバルの営業マンにアイサイトの安全性、特にプリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ)について、いろいろと聞いて情報収集していますが、事故発生率が激減しているようです。データによると、アイサイトVer.2(現在はVer.3.5)の段階でも6割も事故が減っています。更に、衝突事故に関しては8割減です。これだけアイサイトによって交通事故が減っているなら、自動...

最近、車関連のニュースで頻繁に登場する自動運転。我々が加入している自動車保険にも大きな影響がありそうですが、法律の整備も含めて、まだまだ不確定要素も大きそうです。自動運転車を購入したら、責任は全てメーカーが持ってくれて、自動車保険も不要!となるのでしょうか?妄想も含めつつ、予想してみました!自動運転とは?自動運転とは、現在のドライバーが行っている「認知」「判断」「操作」を、機械(自動運転システム)...

トヨタ自動車とあいおいニッセイ同和損保が共同で、IoT(コネクテッドカー)向け運転挙動反映型テレマティクス自動車保険を開発しました。最近の自動車マーケットでは、EV(電気自動車)、AI搭載の自立走行車が注目を集めています。アメリカのテスラモータース、日産の新型リーフ、googleカーなどのニュースを目にしたことがある方も少なくないと思います。IoT(コネクテッドカー)は、それらの技術と共に、今後の...

自動車保険って沢山ありますが、どれも同じだと思ってはいないでしょうか?私自身、車を初めて購入した時は、それぞれの特徴を知らないため、どれも同じだと思って中古車業者お勧めの自動車保険に加入しました。しかしこれって状況によっては、全然お得ではないんです。自動車保険は販売方法によって、代理店型、ネット通販型の2種類があります。それぞれの簡単な特徴について解説しています。よろしければ参考にしてくださいね。...