MENU

自動車保険が安い沖縄!任意保険加入率が低い沖縄が一番安い理由は?

 

自動車を購入する際や、車検を通す際には必ず自賠責保険に加入しているのに、なぜ任意保険に加入する必要があるのでしょうか?

 

それは自賠責保険の補償範囲が狭く、また保証額も低いため、自賠責保険では自動車事故が起きた際に必要となるだけの補償を受ける事ができないからです。

 

下図は自賠責保険と自動車任意保険の補償範囲を比較したものです。
自賠責保険の補償範囲が非常に狭く、最小限度のものである事が分かると思います。

 

交通事故を起こした場合、多額の賠償金が必要になるケースが多い為、自動車任意保険に加入しておく事が望ましいでしょう。

 

 

自動車任意保険の加入率

日本損害保険協会が公表している自動車保険の加入率です。
このデータには共済保険(自動車共済・マイカー共済等)は含まれていませんので、実際には自動車保険への加入率は85%程度になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

加入率

未加入率

対人賠償保険

72.8%

27.2%

対物賠償保険

72.8%

27.2%

搭乗者保険

58.3%

41.7%

車両保険

40.3%

59.7%

 

統計数値からも分かるように、自動車任意保険に未加入の車両もかなりあります。
こういった自動車と事故を起こした場合、相手に過失があったとしても、十分な補償を受ける事が難しいのが現実です。
様々なケースを想定した保険の選択が必要ですね。

 

沖縄は都道府県別の自動車任意保険の加入率が一番低い!

都道府県別の自動車保険加入率を表にしたものです。
沖縄県では、2台に1台は自動車任意保険に加入していない状況となっています。
他地域から沖縄県に行かれる方は、自動車の運転には十分注意して下さい。

 

都道府県名

保有車両数(台)

対人賠償保険の加入率(%)

対物賠償保険の加入率(%)

搭乗者傷害保険の加入率(%)

車両保険の加入率(%)

北海道 3,658,137 70.1 70.2 44.7 45.6
青森 987,993 68 68.4 43.4 38.1
岩手 988,445 61 61.1 32.7 32.8
宮城 1,595,984 71 71.2 45.9 39.1
秋田 814,406 58 58.4 34.4 34.1
山形 920,430 63 63.4 35.3 38.7
福島 1,574,090 65.2 65.1 39.4 35.8
茨城 2,491,974 74 73.9 49.8 37.2
栃木 1,664,411 71.4 71.4 45.1 35.5
群馬 1,739,909 70.7 70.6 45.2 38.2
埼玉 3,938,034 77.5 77.4 46.1 41.4
千葉 3,495,084 78.5 78.4 49.4 46.4
東京 4,417,097 78 78.2 47.9 44
神奈川 3,949,700 79.4 79.5 50.4 44.9
新潟 1,815,525 68.3 68.3 41.6 34.4
富山 882,362 71.8 71.6 44.3 42.6
石川 877,489 71.8 71.6 45 37.5
福井 648,106 71.5 71.3 46.7 40.3
山梨 732,136 62.3 62.3 40.8 27.4
長野 1,856,306 63.5 63.5 36.6 34.1
岐阜 1,656,899 76.8 76.7 43.5 54.8
静岡 2,824,658 76.1 76 48.3 43.6
愛知 5,004,295 80.8 80.8 46.4 56.4
三重 1,473,445 75.7 75.6 42.8 46.4
滋賀 987,013 73.5 73.4 41.4 41.8
京都 1,328,516 78.8 78.8 48.3 44.1
大阪 3,690,466 82.1 82.2 51.8 49.6
兵庫 2,956,625 77.7 77.7 49.6 44.1
奈良 821,786 79.6 79.5 49 44.6
和歌山 740,975 73.9 73.7 46 33.4
鳥取 455,341 65 64.8 38.6 43.7
島根 543,362 55.5 55.4 29.8 32.5
岡山 1,489,487 72.9 72.7 44.3 40.7
広島 1,841,448 75.5 75.4 43.3 40.8
山口 1,057,347 71.2 71.1 43.4 44.5
徳島 610,344 71.2 71.1 41.4 37.9
香川 761,676 74.4 74.3 45.6 39.7
愛媛 999,964 69.6 69.4 40.7 35.6
高知 554,258 57.5 57.3 35.9 28.1
福岡 3,224,771 75.8 75.8 49.2 46.3
佐賀 653,868 65.2 65.1 43.1 35.7
長崎 923,224 65.7 65.6 39.6 35.8
熊本 1,325,316 64.9 64.8 41.1 39.8
大分 894,616 64.3 64.2 40 35.9
宮崎 918,512 57.5 57.4 38.5 33.3
鹿児島 1,321,303 58.9 58.7 38.6 30.6
沖縄 1,005,451 52.3 52.3 41.2 24.5
全国計 79,112,584 73.1 73.1 45.1 42.1

[2012年3月 国土交通省/損害保険料率算出機構]

 

沖縄は自動車保険が安い!都道府県別の平均保険料が一番安い!

自動車保険の加入率が一番低い沖縄県ですが、意外なことに保険料は一番安いのです。
以下は、都道府県別のランキングです。

 

一番安い沖縄と、一番高い愛知では30%近い金額の開きがありますね。

 

順位 都道府県 平均保険料
1 愛知県 53,698円
2 岐阜県 51,867円
3 北海道 50,489円
4 大阪府 50,158円
5 京都府 50,027円
6 福岡県 49,828円
7 佐賀県 49,710円
8 鳥取県 49,653円
9 熊本県 49,573円
10 大分県 48,991円
11 東京都 48,536円
12 兵庫県 48,410円
13 石川県 48,027円
14 三重県 48,007円
15 広島県 47,990円
16 静岡県 47,551円
17 千葉県 47,042円
18 滋賀県 47,022円
19 秋田県 47,020円
20 茨城県 46,857円
21 神奈川県 46,710円
22 山口県 46,596円
23 長崎県 46,362円
24 宮崎県 46,115円
25 愛媛県 46,020円
26 福島県 45,857円
27 奈良県 45,780円
28 宮城県 45,680円
29 栃木県 45,254円
30 山梨県 45,214円
31 福井県 45,097円
32 埼玉県 45,093円
33 徳島県 44,982円
34 岡山県 44,831円
35 青森県 44,699円
36 富山県 44,370円
37 高知県 44,322円
38 香川県 43,769円
39 鹿児島県 43,693円
40 和歌山県 43,684円
41 新潟県 43,668円
42 長野県 43,435円
43 山形県 43,231円
44 群馬県 43,212円
45 島根県 42,368円
46 岩手県 41,346円
47 沖縄県 38,770円

 

沖縄の自動車保険が一番安い理由は?

 

沖縄の自動車保険が安いのは何故でしょうか?
それは、「損害保険料率算出機構」が算出している「参考純率」が低いからで、いわゆる、「沖縄料率」と呼ばれるものが設定されているためです。

 

多くの損保会社では、「損害保険料率算出機構」が算出している「参考純率」を元に料率を設定しています。
ですので、沖縄の自動車保険は安いわけです。

 

参考純率が低い理由は、公開されていないませんが、事故の発生率や保険金の支払い状況などを元に算出されているので、沖縄は事故が少ないのだと思います。

 

とは言え、沖縄料率は全ての損保会社で有効なわけではありません。
ネット通販型の自動車保険では設定されていない場合も多く、例えば有名なソニー損保などでは、沖縄はもちろんのこと都道府県別の料率設定はしていません。

 

少しでも安い自動車保険と契約するなら、複数の損保会社で見積もりして比較することが重要です。

 

沖縄に限らず安い自動車保険は一括見積もりで探す!

 

沖縄に限らず安い自動車保険を探すならネットの一括見積もりがおすすめです。
最大20社に一括で見積もり比較、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。
こちらのページで詳しく解説しています。

 

参考:自動車保険見積もり!簡単比較で安い一括見積もりとキャンペーン!

安い自動車保険を探すならネットの一括見積もりがおすすめ。
最大20社に一括で見積もり依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。
しかも利用料は一切掛かりません!
こちらのページで詳しく解説しているので、よろしければ参考にしてください。

一番安い自動車保険はどこ?