MENU

なぜ自動車保険を見直す必要があるのか?

自動車保険は、適切なタイミングで定期的に見直す事をオススメします。
特に困っていることもないのに、何故わざわざ見直しが必要なのかと思いますか?
それは以下のような理由があるからです。

 

現在のリスク度合を反映させるため

自動車保険は、契約プランで設定した補償内容だけではなく、リスクの度合で料率が変ります。
車のタイプや使用目的、車の運転者の年齢や範囲、ノンフリート等級などにより、様々な要素で金額が上下するのです。
これらの項目に変化があった場合は、契約プランを見直しましょう。

 

免許証がゴールド免許になったり、運転する家族が減ったり、車の使用目的が変わったり等で、保険料が安くなる可能性があります。
年齢が変わることで、損保会社によっては、思わぬ割引を付いてくるかもしれません。
面倒かもしれませんが、定期的に見直すことで、メリットを得られるのです。

 

自動車保険を見直すタイミング、その1!車の使用目的が変わった

自動車保険を見直すタイミングはいつ?

 

業務や通勤で使用していた車を、レジャーでしか使わなくなった時は、金額を引き下げるチャンスです!
例えば、ソニー損保のようなリスク細分型の自動車保険の場合、車に乗る距離が短い程、料金は安くなります。
該当する方は、ぜひ見直してみてください!

 

自動車保険を見直すタイミング、その2!年齢が変わった

自動車保険を見直すタイミングはいつ?

 

年齢が変わって、ある基準値を超えると、保険料が変わります。
これは、金額的に下がる場合もありますが、逆に上がる場合もあります。
安くなるようであれば、現在の契約を更新すれば良いし、高くなるようであれば別の会社で見積もりを取ってみることをおススメします。

 

もっと安い自動車保険がないか検討するため

現在、任意保険は値上がり傾向にあります。
全ての保険会社ではありませんが、国内の大手損保は次々と値上げを行っています。
引き上げ幅は2%前後ですが、補償内容は変わらないのに保険料が値上がりするのは嬉しくありませんよね。

 

また強制保険である自動車損害賠償責任保険は、2013年4月に13.5%も値上がりとしています。
値上がりの原因は、65歳以上の高齢者の事故が増えている事が原因です。
65歳以上の高齢者ドライバーの事故は、過去10年間で2倍以上に増えており、保険料の安い高齢者の事故による保険支払により、損保会社の収益が悪化しているのです。

 

こういった状況ですので、同一補償内容で少しでも安い自動車保険がないか、定期的に見直しすることをおススメします。
その際には、インターネットの一括見積を利用することで、同条件で簡単に比較することができます。
一括見積の利用は無料なので、ぜひ検討してみてくださいね。

安い自動車保険を探すなら、ネットの一括見積りがオススメ。
最大20社に一括で見積もり依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。
しかも利用料は一切掛かりません!

自動車保険 安い