MENU

自動車保険が安い等級割引(無事故割引)の相場はどのくらい?

 

自動車保険の割引で一番大きいのは、ノンフリート等級による割引です。
ノンフリート等級には、契約に対する無事故割引(割増)の等級区分があり、1等級から20等級(1部の共済では22等級)までに分かれています。

 

契約期間中の事故の有無によって、次年度のノンフリート等級が決まります。
一般的には、契約期間中に無事故だった場合は翌年の契約では1等級上がり、事故が発生した場合は1事故について3等級下がります。

 

自動車保険が安い等級割引のシミュレーション

自動車保険の等級割引でどのくらい安くなるのか、事故発生で等級割増になるとどのくらい高いのか、相場をシミュレーションしてみました。
条件は以下の通りです。

 

  • 年齢:30歳以上
  • 免許の種類:ブルー
  • 年間走行距離:5000km
  • 等級:1等級6等級20等級
  • 運転者限定:家族限定
  • 運転者の年齢制限:30歳以上
  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限

 

等級による違い確認するのが目的なので、それ以外の条件は揃えてシミュレーションしています。
シミュレーションは簡易的なものなので、実際には車種によっても変わってきます。

 

自動車保険のスタート6等級の相場は?

6等級のシミュレーション結果を以下の通りです。

 

  • 年齢:30歳以上
  • 免許の種類:ブルー
  • 年間走行距離:5000km
  • 等級:6等級
  • 運転者限定:家族限定
  • 運転者の年齢制限:30歳以上
  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限

 

車両保険なし:37,200円/年
車両保険あり:85,900円/年

 

ノンフリート等級は6等級からのスタートです。
1等級からではない理由は、割引だけではなく、事故が発生すると割増もあるからです。

 

自動車保険が一番安い等級は20等級の相場は?

20等級のシミュレーション結果を以下の通りです。

 

  • 年齢:30歳以上
  • 免許の種類:ブルー
  • 年間走行距離:5000km
  • 等級:20等級
  • 運転者限定:家族限定
  • 運転者の年齢制限:30歳以上
  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限

 

車両保険なし:18,300円/年
車両保険あり:42,300円/年

 

自動車保険が一番安い20等級だと、かなり金額が下がりますね。
無事故の場合、20等級の割引率は▲63%ですので、かなりお得だと言えます。

 

自動車保険が一番高い1等級の保険料は?

1等級のシミュレーション結果を以下の通りです。

 

  • 年齢:30歳以上
  • 免許の種類:ブルー
  • 年間走行距離:5000km
  • 等級:1等級
  • 運転者限定:家族限定
  • 運転者の年齢制限:30歳以上
  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限

 

車両保険なし:75,300円/年
車両保険あり:173,800円/年

 

1等級だと自動車保険はかなり割高になりますね。
今回のシミュレーションでは、年齢を30歳以上で計算していますが、免許取り立ての18歳が事故を起こして等級ダウンになるとダメージをとんでもなく大きいと言えます。

 

自動車保険の等級割引率の計算表

以下は、ノンフリート等級区分別の割引・割増率の計算表です。

 

等級 事故有 無事故
20等級 -44% -63%
19等級 -42% -55%
18等級 -40% -54%
17等級 -38% -53%
16等級 -36% -52%
15等級 -33% -51%
14等級 -31% -50%
13等級 -29% -49%
12等級 -27% -48%
11等級 -25% -47%
10等級 -23% -45%
9等級 -22% -43%
8等級 -21% -40%
7等級 -20% -30%
6等級 -19%
5等級 -13%
4等級 -2%
3等級 +12%
2等級 +28%
1等級 +64%

 

安い自動車保険の等級を引継ぐ方法

自動車保険が安い等級は、実は譲渡・引継ぎが可能です。
もちろん、引継ぎには細かな条件があるのですが、20等級まで上がったものを引継げれば相当お得ですよね。
自動車保険の等級譲渡については、個別に解説しているページを参照してください。

 

参考:等級引継ぎ(等級譲渡)で安い自動車保険にする方法

 

自動車保険の等級ダウンと事故有係数

ノンフリート等級は、事故による割引・割増の制度ですが、事故が発生した場合、同じ等級であっても割引率が異なります。
例をあげると、以下のような違いになります。

 

事故無し:10等級から無事故→11等級へアップした場合の割引率は-47%
事故有り:14等級が事故発生→11等級へダウンした場合の割引率は-25%

 

ノンフリート等級の割引率は、「無事故係数の割引率」「事故有係数の割引率」に分かれています。
一度事故を起こすと、3年間は「事故有係数の割引率」が適用されるので、自動車保険料は大幅にアップすることを覚えておきましょう。

 

3等級ダウン事故が発生した場合の割引率


出典:https://www.bang.co.jp/cont/for-accident-causer/

 

3等級ダウン事故が連続して発生した場合の割引率


出典:https://www.bang.co.jp/cont/for-accident-causer/

 

自動車保険見積もりは一括見積もりを利用すると安い!

 

等級譲渡のような例外も一部にはありますが、等級を上げるのは無事故のまま契約を継続していくしかありません。

 

とは言え、自動車保険は少しでも安いほうがいいに決まってますよね。
自動車保険は掛け捨てですからね。

 

すぐに自動車保険を安くしたい!という場合は、一括見積もりを利用するのはおすすめです。
最大20社に一括で見積もりを依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。

 

参考:自動車保険見積もり|一括見積もり比較で安いのはどこ?

 

安い自動車保険ランキングとワーストランキング!

 

自動車保険は、複数の割引・特約などが組み合わされた複合商品です。
補償内容、車種、申込者の族税によって金額は変わります。

 

どこが一番安いのかは、同一条件で見積もりして比較してみなければ分かりません。
とは言え、安くなる傾向が多い自動車保険もあります。

 

以下のページでは、ランキング形式で安い自動車保険を紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

 

参考:自動車保険が安いランキングBEST5とワーストランキング

 

安い自動車保険を探すならネットの一括見積もりがおすすめ。
最大20社に一括で見積もり依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。
しかも利用料は一切掛かりません!
こちらのページで詳しく解説しているので、よろしければ参考にしてください。

一番安い自動車保険はどこ?