MENU

40代の自動車保険が安いのはどこ?

 

自動車保険は複数の特約・割引などを組み合わせた複合商品なので、40代なら誰でも安いという損保会社はありません。
とは言え、安くなる傾向が強い会社はありますよ。

 

始めに結論を言ってしまうと、40代で一番安いのはセゾン自動車火災の「おとなの自動車保険」になるケースが多いです。

 

セゾンが一番安い場合が多い理由は、運転者の年齢条件による割引が他社とは違う条件だからです。
そのため、40代〜50代の自動車保険はセゾンが最もおすすめと言えます。

 

このページでは、40代の安自動車保険について解説しています。
ぜひ参考にしてください。

 

40代の自動車保険 の相場はいくら?

 

40代の自動車保険の平均的な相場金額をシミュレーションしてみました。

 

年齢:30歳以上
等級:20等級
年間走行距離:3000km
免許の種類:ブルー
運転者限定:配偶者限定
運転者の年齢制限:30歳以上
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
車両保険:なし/あり

 

車両保険なし:16,700円/年
車両保険あり:38,500円/年

 

上記は、通販型自動車保険の簡易シミュレーションによる相場です。
40代になるとノンフリート等級が上がって安くなるので補償を充実させる人が多いと思いますが、あくまで簡易的に算出した相場ということで認識してください。

 

40代では結婚して配偶者も運転するケースが多くなるので、運転者は家族限定としています。
車両保険も平均相場なので、新車で価格が高い状態や、高級車はもう少し高くなると思います。

 

40代・50代が安いセゾンのおとなの自動車保険

 

おとなの自動車保険で40代が安い理由は、40代〜50代は交通事故を起こす確率が低く、そこに注目して独自の運転者年齢条件により割引を行っているからです。

 

ここで疑問が湧いてきますよね?

 

40代が交通事故を起こす確率が低いなら、他の自動車保険でも割引されてるのではという点です。
ところが、セゾン以外に40歳以上の運転者年齢条件を設定している損保会社はないのです。

 

自動車保険の年齢条件に40歳以上限定はない

セゾン以外の損保では、年齢を2〜3段階の区分に分け、割引を適用しています。
以下は、損保会社毎の年齢条件表です。

 

会社名 年齢条件
チューリッヒ 26歳以上/30歳以上
アクサダイレクト 26歳以上/30歳以上
イーデザイン損保 26歳以上/30歳以上
ソニー損保 26歳以上/30歳以上
三井ダイレクト 26歳以上/35歳以上
セコム損保 26歳以上/35歳以上
そんぽ24 26歳以上/35歳以上
損保ジャパン 26歳以上/35歳以上
三井住友海上火災 26歳以上/35歳以上
東京海上日動火災 26歳以上/35歳以上
あいおいニッセイ 26歳以上/35歳以上
SBI損保 26歳以上
セゾン自動車火災 年齢条件なし(年代ではなく年齢ごと算出)

 

年齢条件表を見ると気づくと思いますが、40代はありませんよね。
交通事故を起こす確率は、年代によって異なります。

 

40代〜50代は、交通事故を起こす確率が低いことに着目したのが、おとなの自動車保険なのです。
交通事故を起こす確率が低い分、自動車保険も当然安いわけですね。

 

おとなの自動車保険は40歳で初めての新規契約でも安い?

結論から言うと、新規でも他の損保よりは安いです。
とは言え、40代の自動車保険の割引に占める一番大きな要因はノンフリート等級です。
交通事故を起こさず、新規で加入した契約を継続していくことで徐々に安くなっていきます。

 

参考:自動車保険で新規契約が安いのはどこ?

 

40歳以上の軽自動車の保険も安い?

結論から言うと、他の損保よりは安いです。
40代という年齢条件では他社より割引率が高くなります。
ですが、セゾンに限ったことではありませんが、軽自動車または普通車で割引率が変わるのは、車両料率クラスの部分だけです。

 

参考:軽自動車の任意保険の相場は?普通車より本当に安い?

 

おとなの自動車保険が40代でコスパ最強な理由

おとなの自動車保険で40代が安い理由について解説してきましたが、もう1点、コスパ最強と言える理由があります。
それは、年齢条件が主な運転者に限定されるという点です。

 

どういうことかと言うと、例えば40代の夫と妻の両方が運転する場合のようなケースです。

 

運転者 おとなの自動車保険の年齢条件割引 他社

夫の年齢:40歳
妻の年齢:29歳

40歳で適用 26歳以上で適用

夫の年齢:40歳
妻の年齢:32歳

40歳で適用 30歳以上で適用

夫の年齢:40歳
妻の年齢:36歳

40歳で適用 30歳以上で適用、または35歳以上で適用

 

おとなの自動車保険では、40代である主な運転者の年齢で割引が設定されますが、他社は割引率が低い年齢で設定されます。

 

自動車保険を契約する場合、配偶者限定や家族限定を設定する人は多いと思いますが、年齢差がある場合は、セゾンと他社では割引率が大きく変わってくるのです。

 

40代では、結婚して配偶者のある人も多いこともあり、おとなの自動車保険をおすすめである理由なのです。
とは言え、必ず安いかと言えば、そう単純な話でもありません。

 

40代が一番安い自動車保険見積もり

 

自動車保険は、人それぞれの条件や補償内容で金額が変わるので、どの損保会社が安いのかも、人よって違います。

 

おとなの自動車保険も同様です。
安くなる場合が多いのですが、安い理由は40代の交通事故率に着目しているからであって、実際に事故歴があったり、免許証がゴールドではない場合でも最安とは限りません。

 

そこで重要なのが、自動車保険の一括見積もりを利用するこです。
一括見積もりは、無料で利用できて、簡単に各社の保険料を比較することができるので、おすすめです。

 

参考:自動車保険見積もり|一括見積もり比較で安いのはどこ?

安い自動車保険を探すならネットの一括見積もりがおすすめ。
最大20社に一括で見積もり依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。
しかも利用料は一切掛かりません!
こちらのページで詳しく解説しているので、よろしければ参考にしてください。

>>一番安い自動車保険はどこ?<<