MENU

中断証明書を発行しておけば、最大で10年間、中断時点からの等級で契約を再開できます。

引っ越しや海外への転勤などで、一旦、車が不要になった場合、自動車保険はどうなるのでしょうか?
自動車保険は、契約期間中の交通事故に伴う保険金支払いの状況でノンフリート等級が上下、それによって料金も変わる仕組みになっています。
せっかく積み上げた等級は、自動車保険を解約すると消えてしまうものですが、これを一定期間据え置くことが可能です。

 

そのための条件が、「中断証明書」の発行です。

 

契約を中断して安い自動車保険を据え置く

例えば今の自動車保険の等級が15等級だとします。
6等級からスタートして、交通事故などで等級が下がっていなければ10年掛けて15等級まで来た事になりますよね。
ところが諸事情により今乗っている車を手放す事になり、新たな車は当分乗らないことになったとします。

 

この場合せっかく10年掛けて等級が進み、契約料も割引率が増えて下がってきた安い自動車保険を手放す事になるのでしょうか?
今の等級を手放すのは、非常にもったいない事です。
今後また車に乗るようになった場合、また6等級からスタートになるのですから、どうにかならないのでしょうか?
こういった場合に便利なのが、「中断証明」です。

 

自動車保険の等級は、中断証明書という物を発行してもらえば最大10年間(保険会社により異なります)中断出来ます。
10年以内に車を所有したら、また元の等級から再開出来るのです。
中断証明書を使って再開することで、高い割引率が適用されるため、実際に払う契約料も安く済みます。

 

あるいは一台車に乗っていて、途中で仕事の車も所有してたとします。
この場合一人で保険を二つ持つ事になります。
仕事替えをして仕事用の車を手放した場合、中断証明書を発行すれば10年間等級はそのままで持ち続ける事が出来ます。
その後、また車を二台所有する事になった場合、6等級からでなく、この証明している元の等級から自動車保険をスタート出来るのです。

 

さしあたり車を所有する予定がなくても、中断証明書を発行してもらっておけば、いざという時に役に立ちます。
保険料を安くするためにも、発行しておくことをおススメします。

 

中断証明書を発行するための条件

ます原則(海外赴任は例外です)として、車を所有している状態では、発行できません。
具体的には以下のような場合ですが、中断証明書発行条件の詳細については契約している保険会社に問い合わせましょう。

 

廃車、売却、譲渡などで、所有しなくなった
継続して車検を受けていない
自動車登録の抹消
災害等による車輛の滅失

 

更に、ノンフリート等級にも条件があります。

 

中断証明書で自動車保険を再開する時の等級が7級以上

現在の等級ではなく、再開時の等級になっているのが注意点です。
事故などを起こしており、次年度の等級ダウンにより7級未満になる場合は、中断証明書は発行されません。

 

自動車保険の満期、解約から13ヶ月以内

中断証明書の発行には期限が設けられています。
満期・解約から13ヶ月を超えると、取得できなくなってしまいます。
自動車保険を解約する場合は、将来のことも考慮に入れ、中断証明書を発行しておきましょう。

 

そうすることで、安い自動車保険の状態で再開することが可能になります。
節約のためにも覚えておきましょう!

安い自動車保険を探すなら、ネットの一括見積りがオススメ。
最大20社に一括で見積もり依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。
しかも利用料は一切掛かりません!

自動車保険 安い