MENU

フォレスター自動車保険は安い?料率クラスとおすすめ一括見積もり!

 

フォレスターは、スバルが販売するSUVの人気車種です。
街でも頻繁に見かけるフォレスターですが、自動車保険料は安いのか相場を調べてみました。

 

結果を先に言うと、フォレスターの自動車保険はかなり安いという評価です。
安い原因ですが、車両料率クラスが良いためと、ASV割引が適用されるためです。

 

車両料率クラスは損害保険料率算出機構が毎年見直しを行っており、保険会社は料率クラスに独自の係数を掛けて保険料の算出に利用しています。

 

 

購入する自動車の車種・形式によって保険料が変わるという事ですが、フォレスターはこの車両料率クラスの評価が高め、普通より良いということですね。

 

このページでは、フォレスターの自動車保険料の概算・相場について解説しています。
ぜひ参考にしてみてください。

 

フォレスター自動車保険の料金は安い?年齢別の平均相場は?

 

フォレスター自動車保険の料金シミュレーションを行ってみました。
年齢別で比較するため、それ以外の項目は条件を揃えてシミュレーションを実施しています。

 

シミュレーションする項目は以下の通りです。

  • 年齢:20歳以下21歳26歳30歳
  • 運転者年齢条件特約:全年齢21歳以上26歳以上30歳以上
  • 運転免許証の色:ブルー
  • 年間予想最大走行距離:5,000km
  • ノンフリート等級:6等級
  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限
  • 運転者限定特約:家族限定

 

フォレスターには複数のグレードが存在しますが、今回は一番人気の高いモデルである「アドバンス」を対象にしてみました。
シミュレーションする車種は以下の通りです。

 

車種 型式 価格
フォレスター2.0 アドバンス 4WD 5AA-SKE 3,157,000円

 

20歳以下のフォレスター自動車保険は安い?

20歳以下のフォレスターのシミュレーション内容と結果金額は以下の通りです。

 

  • 年齢:20歳以下
  • 運転者年齢条件特約:全年齢
  • 運転免許証の色:ブルー
  • 年間予想最大走行距離:5,000km
  • ノンフリート等級:6等級
  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限
  • 運転者限定特約:家族限定

 

車両保険なし:205,200円(月々17,200円)
車両保険あり:485,400円(月々40,600円)

 

高い!驚きの高さですね。
20歳以下でフォレスターを新車で購入する例は少ないかもしれませんが、非現実的な金額ですね。

 

21歳以上のフォレスター自動車保険は安い?

21歳以上のフォレスターのシミュレーション内容と結果金額は以下の通りです。

 

  • 年齢:21歳
  • 運転者年齢条件特約:21歳以上
  • 運転免許証の色:ブルー
  • 年間予想最大走行距離:5,000km
  • ノンフリート等級:6等級
  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限
  • 運転者限定特約:家族限定

 

車両保険なし:103,000円(月々8,700円)
車両保険あり:243,700円(月々20,500円)

 

年齢が1歳が上がるだけで、半分程度になりました!
う〜ん、でもまだ高いですよね。

 

26歳以上のフォレスター自動車保険は安い?

26歳以上のフォレスターのシミュレーション内容と結果金額は以下の通りです。

 

  • 年齢:26歳
  • 運転者年齢条件特約:26歳以上
  • 運転免許証の色:ブルー
  • 年間予想最大走行距離:5,000km
  • ノンフリート等級:6等級
  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限
  • 運転者限定特約:家族限定

 

車両保険なし:62,100円(月々5,300円)
車両保険あり:146,900円(月々12,400円)

 

かなり金額が下がって来ました!
これくらいなら、私のような庶民でも検討できる金額ですね。

 

30歳以上のフォレスター自動車保険は安い?

30歳以上のフォレスターのシミュレーション内容と結果金額は以下の通りです。

 

  • 年齢:30歳
  • 運転者年齢条件特約:30歳以上
  • 運転免許証の色:ブルー
  • 年間予想最大走行距離:5,000km
  • ノンフリート等級:6等級
  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限
  • 運転者限定特約:家族限定

 

車両保険なし:59,400円(月々5,100円)
車両保険あり:140,500円(月々11,900円)

 

30歳以上になっても金額はほとんど変わりませんね。
30歳なのにノンフリート等級が6等級というのがマズイのでしょうか?

 

30歳以上20等級のフォレスター自動車保険は安い?

ノンフリート等級が最高だとどうなるのでしょうか?
30歳以上20等級・ゴールド免許のフォレスターのシミュレーション内容と結果金額は以下の通りです。

 

  • 年齢:30歳
  • 運転者年齢条件特約:30歳以上
  • 運転免許証の色:ゴールド
  • 年間予想最大走行距離:5,000km
  • ノンフリート等級:20等級
  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限
  • 運転者限定特約:家族限定

 

車両保険なし:28,100円(月々2,500円)
車両保険あり:66,400円(月々5,700円)

 

これなら安い!やはりノンフリート等級の割引率は影響大ですね。
年齢がある程度まで上がった後は、ノンフリート等級を上げるのが安くするコツ、結局は安全運転が一番安いということですね。

 

フォレスター自動車保険の料金は値上がり傾向?安くなる傾向?

 

フォレスターの自動車保険料金は、値上がり傾向ではありません。
一般的に、特定の車種が値上がりする原因は、車両料率クラスが悪化傾向にあるからです。

 

フォレスターの場合、損害保険料率算出機構による形式別料金クラスの推移を確認すると、良化も悪化していません。

 

以下は、2018年と2019年のフォレスター(形式:SK9)車両料率クラスです。
全ての項目でまったく変化していません。

 

フォレスター自動車保険の車両料率クラス(2018年1月1日〜12月31日)

対人賠償 4
対物賠償 4
搭乗者傷害 4
車両 3

 

フォレスター自動車保険の車両料率クラス(2019年1月1日〜12月31日)

対人賠償 4
対物賠償 4
搭乗者傷害 4
車両 3

 

料率クラスは上記の通りですが、フォレスターは全グレードでアイサイト標準装備ですので、AEB割引が適用されます。
料率クラスが同等の他車よりも安いということですね。

 

参考:アイサイトで自動車保険料は安くなる?

 

フォレスター自動車保険が安いのはアイサイトが標準装備だから!

 

フォレスターには、運転支援システムであるアイサイトが標準装備されています。
アイサイトには様々な機能があるのですが、安全性を向上させる衝突軽減ブレーキ(AEB)が搭載されているので、自動車保険が割引されます。

 

先進安全自動車(ASV:Advanced Safety Vehicle)割引と呼ばれるもので、発売から3年間、自動車保険を安くすることができます。
3年経過後は、型式別料率クラスに反映されます。

 

参考:自動車保険が安い自動運転割引は?自動運転車はASV割引で安くなる!

 

自動車保険の自動ブレーキ割引率は9%!これは安いですよね!
現行型のフォレスターは、フルモデルチェンジが2018年7月ですので、3年経過するまではAEB割引で安いというわけですね。

 

ちなみに、フォレスターは前モデルでもアイサイトが搭載されていました。
3年経過後のフォレスター前モデル(形式:SJG)の料率クラスは以下の通りです。

 

フォレスター自動車保険の車両料率クラス(2019年1月1日〜12月31日)

対人賠償 1
対物賠償 3
搭乗者傷害 4
車両 3

 

対人賠償の料率クラスが「1」ということは、全ての車種の中で、対人事故を起こす確率が一番低いということです。
フォレスター自動車保険が安いのも当然ですよね。

 

フォレスター自動車保険なら一括見積もりが安い!

 

フォレスターに限った話ではありませんが、自動車保険は複数の補償・特約を組み合わせた複合商品なので、人によって料金が異なります。
ですので、実際にどの損保会社が安くなるのかは、複数の会社から同じ条件で見積もりして比較するしかありません。

 

フォレスター自動車保険が安い一括見積もり比較!

複数の会社から同じ条件で見積もりするといっても、実際に実行するのは大変です。
東京海上日動火災や三井住友海上火災のような代理店型の自動車保険の場合、担当の営業マンに見積もり依頼する必要がありますし、契約する会社以外には断りの連絡も必要です。

 

インターネットで自動車保険の見積もりができる通販型の場合、営業マンへの連絡は不要ですが、入力項目も多いので相当な時間が必要になります。

 

そこで、当サイトでおすすめしているのが、フォレスター自動車保険の一括見積もりです。
自動車保険一括見積もりサイトを利用すれば、一度の入力で複数の損保会社から見積もりを取ることができます。

 

同条件での金額の差が一目瞭然ですので、比較して決めたい人には必須のツールとなっています。
私も、毎年の更新の都度、一括見積もりサイトで自動車保険を比較して、安いとこを探すのが習慣になっています。

 

利用料は無料なので、安心して利用できると思います。
フォレスター自動車保険を最大20社に一括で見積もり依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。

 


参考:今すぐ一括見積もりしてみる!

 

フォレスター自動車保険が安いランキングとワーストランキング!

フォレスターに限らず、安い自動車保険ならネット通販型がおすすめです!
安い自動車保険といっても、人それぞれ条件や補償内容が異なりますので、一概にどこが安いとは言い切れませんが、安くなる傾向の損保会社をランキング形式で紹介しています。

 

参考:自動車保険が安いランキングBEST5とワーストランキング

安い自動車保険を探すならネットの一括見積もりがおすすめ。
最大20社に一括で見積もり依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。
しかも利用料は一切掛かりません!
こちらのページで詳しく解説しているので、よろしければ参考にしてください。

一番安い自動車保険はどこ?