MENU

なぜ自動車保険を見直す必要があるのか?

自動車保険は、適切な時期に定期的に見直す事をオススメします。
特に困っていることもないのに、何故わざわざ見直しが必要なのかと思いますか?
それは、見直しによって安い自動車保険に変更できる可能性があるからです。

 

 

現在のリスク度合を契約に反映させる

自動車保険は、契約プランで設定した補償内容だけではなく、リスクの度合で料率が変ります。
車のタイプや使用目的、車の運転者の年齢や範囲、ノンフリート等級などにより、様々な要素で金額が上下するのです。
これらの項目に変化があった場合は、契約プランを見直しましょう。

 

自動車保険見直しの時期、ポイント1!ゴールド免許になった

殆どの損保会社は、ゴールド免許割引を適用していると思います。
運転免許証がゴールドに変わったら、自動車保険を見直しするタイミングです。
ゴールド免許割引の対象は、契約者本人(記名保険者)です。

 

自動車保険見直しの時期、ポイント2!家族が減った

例えば、同居の子供を運転者に設定して契約するのは、よくある事例だと思います。
子供が独立して車に乗らなくなったら、自動車保険見直しのタイミングです。
運転者年齢制限特約の下限年齢が引きあがることで、割引が大きくなるかもしれません。

 

自動車保険見直しの時期、ポイント3!車の使用目的が変わった

自動車保険を見直しする時期とポイントは?

 

業務や通勤で使用していた車を、レジャーでしか使わなくなった時は、金額を引き下げるチャンスです!
例えば、ソニー損保のようなリスク細分型の自動車保険の場合、車に乗る距離が短い程、料金は安くなります。
該当する方は、ぜひ見直しを検討してみてください!

 

自動車保険見直しの時期、ポイント4!年齢が変わった

自動車保険を見直しする時期とポイントは?

 

年齢が変わって、ある基準値を超えると、割引率が変わります。
これは、金額的に下がる場合もありますが、逆に上がる場合もあります。

 

自動車保険見直しの時期、ポイント5!満期が到来した

そもそも、自動車保険は1年満期での契約なので、毎年更新が到来します。
満期の到来は、1年に1度来る絶好の見直し時期です。

 

当サイトでも紹介している、「自動車保険一括見積もり」で、安いところがないか見直すことをオススメします。

 

私も、一括見積もりを使って、満期が来るたびに見直してます。
損保会社によっては、思わぬ割引が付いてくることもあります。

 

今の自動車保険より安い会社があれば変更、なければ現在の契約を更新すれば良いのです。

 

面倒かもしれませんが、定期的に見直しでメリットを得られるのです。
最初の内は手間だな〜と思っていても、毎年の恒例行事になれば、見直しが習慣になります。

 

 

車の進化による自動車保険の見直し

車も進化によって、自動車保険も影響を受けます。
例えば、エアバッグやイモビライザーが装備されていると料率が下がるといったことが、過去にもありました。

 

安全装備の進化

最近は車の安全装備の進化が凄いです。
プリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ、衝突軽減ブレーキ)が代表的な機能ですが、その他にも様々の機能が車に搭載され始めています。
以下は代表的な機能です。

 

  • プリクラッシュブレーキ
  • 死角車両検知
  • 車線逸脱抑制
  • AT誤発進抑制制御
  • AT誤後進抑制制御
  • 先進ライト
  • 警報機能

 

こういった先進安全機能の料率への繁栄は、損保会社によってタイミングが異なるため、定期的な見直しが有効です。

 

参考:アイサイトで自動車保険は安くなる?

 

買替のタイミングで安全性の高い車に変更

直接的な自動車保険見直しではありませんが、買い替えるタイミングで安全性の高い車を変更することで料率を引き下げることが可能です。
国が推奨する安全運転機能(サポカーS)が搭載されているかどうかが、目安になります。

 

サポカーSの区分 対象となる機能
サポカーS ベーシック

低速自動ブレーキ(対車両)
ペダル踏み間違い時の加速抑制装置

サポカーS ベーシック+

自動ブレーキ(対車両)
ペダル踏み間違い時の加速抑制装置

サポカーSワイド

自動ブレーキ(対歩行者)
ペダル踏み間違い時の加速抑制装置
車線逸脱警報または車線維持支援装置
先進ライト(自動切替型前照灯など)

 

見直しの時期に合わせて安い自動車保険を探す!

現在、任意保険は値上がり傾向にあります。
全ての損保会社ではありませんが、国内の大手損保は次々と値上げを行っています。

 

 

引き上げ幅は2%前後ですが、補償内容は変わらないのに、支払う金額だけは値上がりするというのは、あまる嬉しくありませんよね。

 

また強制加入である自動車損害賠償責任保険は、2013年4月に13.5%も値上がりしています。
値上がりの原因は、65歳以上の高齢者の事故が増えている事が原因です。

 

65歳以上の高齢者ドライバーの事故は、過去10年間で2倍以上に増えています。
保険料の安い高齢者の事故による補償支払いにより、損保会社の収益が悪化しているのです。

 

こういった状況ですので、同一補償内容で少しでも安い自動車保険がないか、定期的に見直しすることをおススメします。
その際はインターネットの一括見積を利用することで、同条件で簡単に比較することができます。
一括見積もりの利用は無料なので、ぜひ検討してみてくださいね。

安い自動車保険を探すならネットの一括見積もりがおすすめ。
最大20社に一括で見積もり依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。
しかも利用料は一切掛かりません!
こちらのページで詳しく解説しているので、よろしければ参考にしてください。

>>一番安い自動車保険はどこ?<<