MENU

東京海上日動火災自動車保険の評判・評価

基本情報

東京海上日動火災保険株式会社
東京海上日動火災

東京海上日動火災保険株式会社は、日本初の保険会社で長らく売上トップを誇っていた東京海上火災保険と日動火災海上保険が合併して出来た損保会社。
業界大手としての信頼感は抜きんでている。
ダイレクト販売型の自動車保険ではないため料金は割高、安いとは言えないが、代理店担当者の対応やスピーディーさで評価を得ている。
同グループに、イーデザイン損保があり、同様に高い評価となっている。

契約台数

サポート拠点

無料レッカー

無料台車

非公開

245箇所

10万円分まで

指定修理工場へ入庫の場合のみ無料

24時間事故受付

休日事故処理

格付け

ソルベンシーマージン

24時間365日

初期対応のみ

AA-

665.3%

※格付け:2013年06月21日時点
※ソルベンシーマージン(保険支払能力):2012年度

 

 

東京海上日動火災自動車保険の評価

総合満足後

74.42点

 

利便性

77.05点

 

保険プラン

73.24点

 

加入手続き

77.95点

 

審査スピード

78.44点

 

保険料

61.31点

 

付帯サービス

73.03点

 

担当者の対応

79.55点

 

的確さ・スピード

78.32点

 

事故後の交渉力

77.58点

 

保険金の支払い

78.13点

 

会社の信頼性

82.07点

 

※自動車保険顧客満足度(オリコン2013年度調査)

 

 

東京海上日動火災自動車保険の評判・口コミ

評判1:
初期対応も早くていいと思いました。私は交通事故や自損事故など多数利用しましたが、対応は一番良かったように感じました。


 

評判2:
今回の事故は、相手側の100%過失にも関わらず、相手側保険会社が慰謝料を出し渋るのに対して親身に相談に乗ってくれ、ありがたかった。また、特約保険金の支払いも迅速で、おおむね満足。さすが業界で一番の大手。


 

評判3:
事故対応がしっかりしていて、不安にならずに対応を任せることができました。何事もスピーティーで信頼出来る会社です。


 

口コミ:ディーラーに勧められて入りました

私は新車を購入する際に、ディーラーの勧めで「東京海上日動火災」の自動車保険に入りました。
保険期間は3年で、26歳以上、夫婦限定で、年払いで8万円ほどでした。
正直、安いとは思えませんでしたが、ディーラーとの付き合いもあると思い、3年だけと思い、契約をしました。
契約期間の3年で事故をすることはなかったので、利用することはなかったです。

 

4年目からは家計のために、口コミで見掛けた評判の「通販型」の自動車保険を何件か見積もりしてみると、「東京海上日動火災」から送られてきた更新プランと同行内容にすると4万円ほど安い金額で、とても驚きました。
なので、ディーラーにこの価格の違いを聞いてみました。
「東京海上日動火災は老舗の保険会社なので、信頼と対応スキルの高さがこの値段になっているから。通販型は安いけれど、実際に事故を起こすと対応力の違いが如実に出てくる。」という回答でした。

 

公平を期すため、医療保険を契約している保険相談店舗の方に聞いてみると「東京海上日動火災はやはり老舗の保険会社さんだから、値段も高い。でも、今は一昔と違って通販型の対応力も上がってきている。週末しか車を運転しないので、あれば、特に通販型でも問題ないと思う。」
というアドバイスをもらったので、4年目からは通販型の自動車保険へ変更しました。

 

更新しない旨をディーラーに伝えたところ、東京海上日動火災から「自動更新の停止のお知らせ」という文書が届いただけで、特に強い勧誘をされることはありませんでした。
もし、通勤などで頻繁に運転することになったり、自動車の買い替えをするこになれば、また東京海上日動火災のような老舗の損保で契約すると思います。
老舗の損保会社ももっといろいろなプランを設けてもらい、走行距離のすくない利用者でも負担にならないような安い自動車保険を作ってもらいたいです。

 

口コミ:免許取り立ての子どもにはちょいのり保険

免許を取ったばかりの子どもが家の車を使って練習する際、今契約している保険を変更すると月々の保険料がすごく高く(今より1万円以上)なってしまいます。
子どもは大学生ですが、車で大学に行くわけではなく週末にちょっと乗るだけなので正直保険料を上げたくはありませんでした。

 

そこで安い料金で、しかも一日の利用だけでも申し込める、東京海上日動火災のちょいのり保険をときどき利用しています。
携帯・スマホから登録でき、保険料は500円(車両補償はプラス1000円)で済みます。
東京海上日動火災のちょいのり保険は、1回の申し込みで最長連続7日間まで加入可能です。
利用料金は携帯電話料金と一緒に引き落とされますので、支払いの手間もかかりません。
東京海上日動火災のちょいのり保険なら、明日車に乗る、と分かってからでもすぐに申込できますので、とても使い勝手のいい安い保険です。

 

我が家の自動車保険は損保ジャパンなのですが、ちょいのり保険は損保ジャパンの代理店の人が「うちもこういうの、はじめないとダメなんですけどね」と言いつつ教えてくれたのです。おかげで便利に使っています。
私も子どもの同級生のお母さんに会ったとき、「子どもが乗る車の保険ってどうしてる?」と聞かれて、東京海上日動火災のちょいのり保険のことを教えてあげました。
もうすぐもう一人の子どもも免許を取る予定ですので、ちょいのり保険を利用する回数が増えそうです。

 

口コミ:お得なフォルクスワーゲン専用プラン

最近、車を乗り換えたのですが、念願だったフォルクスワーゲンの車を購入しました。
その際に、自動車保険もそれまで加入していた損保会社から、東京海上日動火災に切り替えました。
以前入っていた損保会社の契約がちょうど満期で、更新の時期だったため、できるだけサービスの良い損保会社への見直しを考えており、ディーラー担当者に相談していたのです。

 

車の故障や事故などがあった時には、窓口を一本化しておいた方が何かと便利だろうと思っていたので、自動車保険もディーラーを通して加入しておいた方が楽だと考えていたのです。
それまで入っていた、ネットの安い自動車保険を継続しても良かったのですが、東京海上日動火災には、フォルクスワーゲンだけの特別な付帯サービスがあるということだったので、思い切って切り替えることにしたのです。

 

フォルクスワーゲン自動車保険プラスというサービスなのですが、これには3つの特典があります。
一つは、飛び石などでフロントガラスにヒビが入って交換しなければならなくなった際に、9万円を限度額として補償してくれることです。

 

また、車のボディーへの落書き被害にあった場合などにも、東京海上日動火災が、修理代のうち上限4万5千円を補償してくれるのです。
ちなみに、これらは1年間にどちから1つだけしか使うことはできないのですが、通常の車両保険などを使った時のように等級が下がってしまうことはないので、結果として料金的にも安いという有難いサービスです。

 

その他にも、新車の場合、1年間はパンク対応もしてくれます。
それから、金額も複数年契約をすれば安いです。

 

今のところ、まだ事故や故障はないので、東京海上日動火災の補償やフォルクスワーゲン専用の付帯サービスを使ったことはありませんが、契約の切り替えをして良かったと思っています。

 

東京海上日動火災自動車保険まとめ

東京海上日動火災は、前身の東京海上火災の頃より高いブランドを獲得しており、それが同社の収益力に繋がっています。
代理店型の自動車保険であるため、保険料は割高、安いとは言えません。。
その分、代理店の対応に対する評価は高いものとなっています。

 

通販型の自動車保険は、グループ内のイーデザイン損保が手掛けており、オリコンの顧客満足度調査では、総合1位を獲得している。

 

管理人も以前は東京海上日動火災の保険に加入していましたが、事故対応は素晴らしく、自分では何もする必要がありませんでした。
(100%こちら側に責任のある事故でした)

 

いざという時の対応を何よりも重視する方には、東京海上日動火災の自動車保険はオススメです。

安い自動車保険を探すなら、ネットの一括見積りがオススメ。
最大20社に一括で見積もり依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。
しかも利用料は一切掛かりません!

自動車保険 安い