MENU

60代以上の高齢者の自動車保険が安いのはどこ?

 

新規に自動車保険を契約して、無事故を継続すると、ノンフリート等級が1等級づつ上がって金額が安くなっていきます。
ノンフリート等級の最高は20等級(一部の共済では21等級)までなので、それまでは、どんどん安くなります。

 

年齢については、21歳、26歳、30歳・35歳(損保によって違う)の節目で安くなりますが、その後も40代〜50代が安い「おとなの自動車保険」などで金額を下げることができます。

 

ところが、60代になると、一転して自動車保険料は値上がりを始めるのです。
60代と言えば、勤務先を退職して収入が下がる年代ですので、本来であれば、自動車保険も安いに越したことはないですよね。

 

このページでは、60代以上の高齢者でも安い自動車保険について解説しています。
ぜひ参考にしてくださいね。

 

60代の自動車保険の相場の金額は安い?

 

アクサダイレクト自動車保険のスピード診断機能でシミュレーションしてみました。
条件は以下の通りです。

 

年齢:60歳
都道府県:埼玉県
免許の種類:ゴールド
車の排気量:2000cc
年間走行距離:5000km
等級:20等級
運転者限定:家族限定
運転者の年齢制限:30歳以上
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限

 

車両保険なし:16,320円/年
車両保険あり:30,770円/年
※車両保険はプリウス(ZVW50)で220万を補償

 

60代になったばかりでは、自動車保険もまだ安いですね。
シミュレーションはダイレクト型の結果ですので、代理店型の場合はもっと高くなると思います。

 

60代以上の高齢者割増でも安い自動車保険はある?

60代以上の高齢者による交通事故が増加傾向にあるため、2015年10月に実施された改定で、自動車保険料が高くなりました。

 

高齢者になったとはいえ、60代は元気な方も多く、交通事故を起こしたことのない人にとっては納得いかないと思います。

 

とは言え、損保各社は統計情報をもとに自動車保険料を算出しているので、仕方ありません。
以下は、年齢による交通事故の発生件数の統計情報ですが、60代以降は、右肩上がりで事故が増えています。

 


出典:警察庁「平成28年における交通事故の発生状況」

 

続いて、60代以降の自動車保険料の値上げ幅について確認していきます。

 

60歳以上の自動車保険の値上げは?

まず、私の実年齢である51歳でシミュレーションしてみました。
先ほど試算した、60歳の結果と比較するためです。

 

年齢:51歳
都道府県:埼玉県
免許の種類:ゴールド
車の排気量:2000cc
年間走行距離:5000km
等級:20等級
運転者限定:家族限定
運転者の年齢制限:30歳以上
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限

 

車両保険なし:15,560円/年
車両保険あり:28,880円/年
※車両保険はプリウス(ZVW50)で220万を補償

 

値上げ幅は、以下の通りです。

 

車両保険なし:760円/年
車両保険あり:1,890円/年

 

確かに値上げにはなっていますが、まだまだ自動車保険としては安いですね。
しばらくは安心です。

 

65歳以上の自動車保険の値上げは?

続いて、65歳でシミュレーションしてみました。

 

年齢:65歳
都道府県:埼玉県
免許の種類:ゴールド
車の排気量:2000cc
年間走行距離:5000km
等級:20等級
運転者限定:家族限定
運転者の年齢制限:30歳以上
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限

 

車両保険なし:17,280円/年
車両保険あり:31,740円/年
※車両保険はプリウス(ZVW50)で220万を補償

 

値上げ幅は、以下の通りです。

 

車両保険なし:960円/年
車両保険あり:970円/年

 

70歳以上の自動車保険の値上げは?

続いて、70歳でシミュレーションしてみました。

 

年齢:70歳
都道府県:埼玉県
免許の種類:ゴールド
車の排気量:2000cc
年間走行距離:5000km
等級:20等級
運転者限定:家族限定
運転者の年齢制限:30歳以上
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限

 

車両保険なし:17,830円/年
車両保険あり:36,990円/年
※車両保険はプリウス(ZVW50)で220万を補償

 

値上げ幅は、以下の通りです。

 

車両保険なし:550円/年
車両保険あり:5,250円/年

 

ここで、車両保険が一気に値上がりしています。
フルカバータイプでシミュレーションしているので、70歳以上は自損事故が増えているのかもしれません。

 

75歳以上の自動車保険の値上げは?

続いて、75歳でシミュレーションしてみました。

 

年齢:75歳
都道府県:埼玉県
免許の種類:ゴールド
車の排気量:2000cc
年間走行距離:5000km
等級:20等級
運転者限定:家族限定
運転者の年齢制限:30歳以上
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限

 

車両保険なし:19,650円/年
車両保険あり:45,500円/年
※車両保険はプリウス(ZVW50)で220万を補償

 

値上げ幅は、以下の通りです。

 

車両保険なし:1,820円/年
車両保険あり:8,510円/年

 

75歳では、大幅な値上がりとなりました。
この金額差は、正直にいって家計に影響がありますね。

 

60代以上の高齢者の自動車保険の推移

シミュレーション結果を一覧表にまとめてみましたが、60代以降、年齢が上がるごとに値上がりしているのが明白です。

 

年齢 車両保険なし 車両保険あり
51 15,560 28,880
60 16,320 30,770
65 17,280 31,740
70 17,830 36,990
75 19,650 45,500

 

60代以降は何もしないままでいると、どんどん値上がりしていく一方です。
少しでも安い自動車保険を探して、契約する会社を見直すことをおすすめします。

 

おとなの自動車保険は60代70代の高齢者におすすめで安い!

 

セゾンの「おとなの自動車保険」は、中高年が安いことを「売り」にしており、実際に40代〜50代の新規契約数は業界1位です。
60代以降でも引き続き、他社よりお得になっています。

 

おとなの自動車保険が、他の損保と異なる点は、年齢条件を1歳きざみで設定する仕組みを採用している点です。

 

自動車保険の年齢条件表
会社名 年齢条件
チューリッヒ 全年齢/21歳以上/26歳以上/30歳以上
アクサダイレクト 全年齢/21歳以上/26歳以上/30歳以上
イーデザイン損保 全年齢/21歳以上/26歳以上/30歳以上
ソニー損保 全年齢/21歳以上/26歳以上/30歳以上
三井ダイレクト 全年齢/21歳以上/26歳以上/35歳以上
セコム損保 全年齢/21歳以上/26歳以上/35歳以上
そんぽ24 全年齢/21歳以上/26歳以上/35歳以上
損保ジャパン 全年齢/21歳以上/26歳以上/35歳以上
三井住友海上火災 全年齢/21歳以上/26歳以上/35歳以上
東京海上日動火災 全年齢/21歳以上/26歳以上/35歳以上
あいおいニッセイ 全年齢/21歳以上/26歳以上/35歳以上
SBI損保 26歳以上
セゾン自動車火災 年齢条件なし(年代ではなく年齢ごと算出)

 

60代以降の高齢者になれば、おとなの自動車保険であっても値上がりすることには変わりありませんが、他社よりも安いという点は大きなメリットですよね。

 

参考:セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)は安い?評判や口コミは?

 

おとなの自動車保険は他の損保との比較でも評価が高い!

安いからといって安心とは限りませんが、おとなの自動車保険は他の損保との比較でも評価が高いです。
オリコンの顧客満足度調査でも、ソニー損保、チューリッヒに次ぐ、第3位の評価を獲得しています。
各項目の比較結果については、個別に紹介しているページがあるので、よろしければ参考にしてください。

 

参考:自動車保険比較|損保12社の評価項目別ランキング

 

60代以上の高齢者は一括見積もりで安い自動車保険を探そう!

 

自動車保険は、人それぞれの条件や補償内容で金額が変わるので、どの損保会社が安いのかも、人よって違います。

 

おとなの自動車保険も同様です。
安くなる場合が多いのですが、安い理由は中高年の交通事故率に着目しているからであって、実際に事故歴があったり、免許証がゴールドではない場合でも最安とは限りません。

 

そこで重要なのが、自動車保険の一括見積もりを利用するこです。
一括見積もりは、無料で利用できて、簡単に各社の保険料を比較することができるので、おすすめです。

 

参考:自動車保険見積もり|一括見積もり比較で安いのはどこ?

安い自動車保険を探すならネットの一括見積もりがおすすめ。
最大20社に一括で見積もり依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。
しかも利用料は一切掛かりません!
こちらのページで詳しく解説しているので、よろしければ参考にしてください。

>>一番安い自動車保険はどこ?<<