MENU

自動車保険が安いスポーツカーは?ロードスター・オーナーが解説!

 

スポーツカー乗りたい!と思っている車好きは少なくないと思います。
実際にスポーツカーに乗るには、購入費用は当然のことですが、維持費についてもしっかり考えておく必要がありますよね。

 

当サイトでは、自動車保険に関する様々な知識・情報を公開していますが、今回は自動車保険が安いスポーツカーの車種について調べてみました!

 

特別なお金持ちじゃなくても、大丈夫なのか?維持できるのか?
ぜひ参考にしてくださいね。

 

スポーツカーの自動車保険が安いかどうかは、型式別料率クラスに左右される

スポーツカーの自動車保険は高いというイメージがありますし、実際に高い場合が多いと思います。
なぜ高いのか?と言えば、「車両本体価格」と「型式別料率クラス」が高いからですね。

 

型式別料率クラスとは、車の型式ごとの事故実績によって、保険料を設定するための制度です。
型式別料率クラスは、「対人」「対物」「障害」「車両」の4つの項目に分かれており、車の形式別にそれぞれ1〜9までのクラスが設定されています。

 

スポーツカーは、盗難対象や修理費が高額になりがちなので、型式別料率クラスが高く、そのため自動車保険も高くなるわけです。

 

という事は、型式別料率クラスが低いスポーツカーなら自動車保険も安い!という事ですよね?
さっそく、新車で購入できる国産スポーツカーの型式別料率クラスを調べてみました!

 

国産新車スポーツカーの型式別料率クラス一覧

新車で購入できる国産スポーツカー全19車種の型式別料率クラス一覧です。
GR、NISMOのような、「スポーツタイプ」については対象外にしました。

 

メーカー 車種 形式 対人 対物 障害 車両 AEB 車体価格
トヨタ 86 ZN6 4 4 3 5 対象外 262.3万円〜
レクサス LC GWZ100 6 4 4 7 対象 1352.2万円〜
URZ100 6 4 4 7 対象 1302.2万円〜
RC ASC10 4 2 4 6 対象外 556万円〜
AVC10 4 4 4 6 対象外 600万円〜
GSC10 5 2 4 5 対象外 636万円〜
RC F USC10 5 3 4 6 対象外 982.4万円〜
GS F URL10 6 5 4 7 対象外 1118.5万円〜
ニッサン GTR R35 2 1 4 7 対象外 1023万円〜
フェアレディ Z Z34 5 4 4 6 対象外 390.7万円〜
ホンダ NSX NC1 6 5 4 8 対象 2370万円〜
シビックTyoeR FK8 4 4 4 6 対象 450万円〜
フィット RS GK5 6 3 4 4 対象外 205万円〜
スバル BRZ ZC6 4 4 4 6 対象外 243万円〜
WRX Sti VAB 6 4 4 5 対象外 499.8万円〜
WRX S4 VAG 3 3 4 5 対象外 336.9万円〜
マツダ ロードスター ND5RC 5 3 4 4 対象外 249.4万円〜
ロードスター RF NDERC 4 3 4 5 対象 336.9万円〜
スズキ スイフトスポーツ ZC33S 4 3 4 4 対象 183.6万円〜

※AEB:衝突被害軽減ブレーキ割引対象の有無

 

国産新車スポーツカーで自動車任意保険料が安いランキング!

車体価格と型式別料率クラス一覧を元に自動車保険料をシミュレーション、安いランキングを作成してみました!
車体価格が低い、型式別料率クラスが低い車種が、想定通り安くなってますね。

 

尚、シミュレーションは以下の条件で統一して行いました。

 

年齢:20歳以下
等級:はじめて
年間走行距離:3000km
免許の種類:ブルー
運転者限定:限定なし
運転者の年齢制限:無制限
対人賠償:無制限
対物賠償:無制限
車両保険:つける

 

自動車保険が安いスポーツカー1位!スイフトスポーツ

車体価格も一番安く、形式別料率クラスも一番低く、AEB割引も適用される、コスパの塊のような車種です。
シミュレーション結果は、以下の通りです。

 

スイフトスポーツの年間保険料:414,300

 

自動車保険が安いスポーツカー2位!ロードスター

ライトウェイト・スポーツ、オープンカーと言えばロードスター!
ロードスターは、「2人乗り小型オープンスポーツカー」生産累計世界一のギネス世界記録を更新し続けている人気車種です。

 

ロードスターの年間保険料:425,700

 

自動車保険が安いスポーツカー3位!WRX S4

スバルは、他社に先駆けて衝突被害軽減ブレーキの標準装備をすすめてきたため、形式別料率クラスが全体的に低いのが特徴ですね。

 

WRX S4の年間保険料:444,000

 

自動車保険が安いスポーツカー4位!フィット RS

フィット RSより形式別料率クラスが低い車種は他にあるのですが、車体価格がスイフトスポーツに次いで安いため、4位にランクインしました。

 

フィット RSの年間保険料:444,700

 

自動車保険が安いスポーツカー5位!ロードスター RF

ロードスター RFは、ロードスターのハードトップ版ですね。
マツダは、安くて安全なスポーツカーを製造する良心的なメーカーと言えますね。

 

ロードスター RFの年間保険料:455,400

 

ロードスターRFの自動車保険は安い?実際の保険料を公開!

 

ちなみに、私もロードスターRFを先日購入したので、自動車保険の一括見積もりで比較した結果を公開します。
我が家では2台目の車なので、セカンドカー割引が適用された金額です。

 

保険会社名 SBI損保 チューリッヒ セゾン自動車火災 三井ダイレクト損保 イーデザイン損保
契約期間 1年 1年 1年 1年 1年
保険料 66,320円 44,710円 76,810円 68,950円 79,040円
年齢条件 満26歳未満不担保 満30歳未満不担保 記名被保険者:51歳 35歳以上補償 30歳以上補償
対人賠償 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
対物賠償 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
人身傷害 3,000万円 3,000万円 3,000万円 3,000万円 3,000万円
搭乗者傷害 ---円 ---円 ---円 1,000万円 1,000万円
車両保険 保険金額 340万円 340万円 305万円 380万円 380万円
車両保険種類 あり(一般) あり(一般) あり(一般) あり(一般) あり(一般)
免責金額 1回目 5万円 7万円 5万円 5万円 5万円

2回目
以降

10万円 10万円 10万円 10万円 10万円
免ゼロ特約 免ゼロ特約なし 免ゼロ特約なし 免ゼロ特約なし 免ゼロ特約なし 免ゼロ特約なし
特約・割引

弁護士費用補償特約
セーフティ・サポートカー割引
自損事故危険補償特約
無保険車傷害危険補償特約
他の自動車運転危険補償特約
ゴールド免許割引
新車割引
インターネット割引
夫婦限定特約

他車運転危険補償特約(自動付帯)
ASV自動ブレーキ割引
人身傷害搭乗中のみ補償特約
新車割引
運転者本人・配偶者限定特約
弁護士費用補償特約
クレジットカードによる保険料支払いに関する特約(登録方式)
無保険車傷害補償特約
自動継続に関する特約

弁護士費用補償特約
ゴールド免許割引
新車割引
被害者救済費用特約
インターネット割引
運転者限定特約(本人・配偶者・別居未婚の子補償型)
無保険車傷害特約
自動ブレーキ(ASV)割引
他車運転特約
人身車外補償特約
車両無過失事故に関する特約
ロードアシスタンス特約
契約自動車の入替自動補償特約

弁護士費用補償特約
本人・配偶者限定特約
ASV割引
被害者救済費用特約
インターネット契約割引
車両保険セット割引
新車割引
無保険車傷害特約
他車運転特約
eサービス割引選択でさらに500円割引

 

※保険料の分割払(月払)もご利用いただけます

夫婦限定特約
弁護士費用補償特約
インターネット割引
証券e割
新車割引
ASV割引

適用等級 6S 6G 6S 6G 6E
契約形態 通販型 通販型 通販型 通販型 通販型

 

一括見積もりでは、細かな条件は適用できません。
例えば、「他車運転特約」などは、1台目の自動車保険に付けていれば、2台目は不要ですよね。

 

そんな感じで、補償・特約を足したり引いたりして、実際に契約した保険料は、45,110
新規契約で、年間でこの金額なら十分満足です(笑)

 

自動車保険などの維持費が安い、庶民が買えるスポーツカー

 

GTRとかNSXとか、世界的にも凄いスポーツカーは国産でも数車種ありますが、庶民にとっては現実的ではありませんよね。
お金持ちだけの世界だと思います。

 

でも購入価格が安く、税金・自動車保険などの維持費も安いコンパクト・スポーツカーなら、頑張って乗ることもできますよ。
例えば、以下のような車種ですね。

 

  • トヨタ 86
  • ホンダ フィットRS
  • スバル BRZ
  • マツダ ロードスター
  • スズキ スイフトスポーツ

 

これらの車種は、車体価格が300万円未満のグレードがあるので、オプションなどの豪華さを求めなければ、頑張って何とかなる金額ですね。
ロードスターは、2人乗りのスポーツカーなので、金額だけではなく、使い勝手の面でも我慢は必要ですが、それ以外の車種は普段使いも大丈夫ですよ!

 

スイフトスポーツは、安くても速いので、とても楽しい車だと思います。
私はロードスターに乗っていますが、最高に楽しいですね!

 

ぜひ、参考にしてくださいね!

 

スポーツカーの自動車保険が安いのはどこ?

 

私の場合はチューリッヒが一番安い自動車保険でしたが、誰でも安くなるかどうかは分かりません。
自動車保険は、複数の保険、特約、割引を組み合わせた複合商品なので、契約する人の属性、必要とする補償、車種によって金額が変わるからです。

 

当サイトでは、一括見積もりで金額を比較することを推奨しています。
同条件で比較することで、どこが一番安いのかが簡単に分かるからです。

 

参考:自動車保険見積もり比較!一括見積もりで安い順のランキング!

安い自動車保険を探すならネットの一括見積もりがおすすめ。
最大20社に一括で見積もり依頼、最短5分でどこが一番安いのか簡単に分かります。
しかも利用料は一切掛かりません!
こちらのページで詳しく解説しているので、よろしければ参考にしてください。

一番安い自動車保険はどこ?